ニューズトピックス

2017/02/17

上毛新聞に掲載

群馬県知事 大沢正明氏(ベトナム経済訪問団)が弊社ベトナム工場を視察されました

2017年2月15日(水)掲載

群馬県知事 大沢正明氏(ベトナム経済訪問団)が弊社ベトナム工場を視察されました。

(クリックすると大きくなります)

2017/01/09

年始挨拶

皆様、2017年丁酉年を迎え、新春のご挨拶を申し上げます。

昨年弊社は皆様のお蔭をもちまして年回りで言えば一回りの60周年の筋目を迎えることが出来ました。今年は新たな60年のスタートの年となります。

日本国内では、金型設計製作・ダイカスト・表面処理の技術を収斂し、先端肉厚0.5mm・テーパ0.5度・高さ45mm・放射率93%の超薄肉フィンを有するヒートシンクの製造技術を極めました。また、超小型精密亜鉛ダイカスト部品の高効率製造技術も極めました。

ベトナムの3拠点は金型~ダイカスト~表面処理(メッキ・塗装)~組立の自社グループ一貫生産体制が整い、タイ拠点(タイアキバ)は耐圧部品(トランスミッションポンプ・カーコンプレッサーハウジング等)と薄肉フィン付ヒートシンク(LEDヘッドランプ用等)を得意とする生産拠点に成長しました。

今年は、更に技術に磨きを掛け、超薄肉軽量品や耐圧部品等の難関部品の高品質・高効率生産にチャレンジしていきます。得意なCVTバルブボディー・スリーブやヒートシンク付き熱対策部材など、日本・海外で生産した高品質部品をお届け出来るように鋭意努力をしていきます。また、熱対策を極める為、鳥の羽のように薄いフィンを持つヒートシンクの開発を進めます。

ベトナムでは、アルミダイカスト部品・亜鉛ダイカスト部品製造技術に限らず、高品質メッキ(Zn・Ni・PTFE・硬質Cr・Cu/Ni/Crなど)や塗装技術(カチオン電着・アニオン電着・溶剤焼き付け塗装など)により、高機能品・意匠品の製造を行い、樹脂やプレス、ロストワックス等の金属部材調達と組立による商品輸出も体制が整いましたので、お客様のご要望をお待ちしております。

秋葉ダイカストグループは、皆様のご健勝を祈念するとともに、お客様とともに成長する企業グループとして、引き続きご愛顧頂けますようお願い申し上げます。

社長より

2016/02/02

彩の国ビジネスアリーナ2016

彩の国ビジネスアリーナ2016のブース

 先週の彩の国ビジネスアリーナ2016に弊社のブースまでお越し下さった各企業様に感謝申し上げます。

2016/01/25

彩の国ビジネスアリーナ2016

 2016年1月27日(水)と28日(木)にさいたまスーパーアリーナで行う彩の国ビジネスアリーナ2016に出展致します。ブース番号はI-62、アリーナの間中当たりになります。製造に関するのお問合せやご質問等は喜んで対応を致します。

2016/01/19

オートモーティブワールド2016

 今回のブースオートモーティブワールド2016に多くの方々が弊社のブースにお越しを頂き感謝を申し上げます。

2016/01/18

愛の募金2016

 上毛新聞社員全員による募金活動が新聞に掲載されました。

2016/01/05

オートモーティブワールド2016

 オートモーティブワールド2016

 自動車部品加工EXPO に出展

 2016年 1月 13日(水)~15日(金)

 東京ビッグサイト

 群馬次世代産業プロジェクトブース

 ブースNo W20-54

2016/01/04

年初のご挨拶

 皆様、明けましておめでとうございます。

 昨年を表す1文字は「安」でした。

 弊社はものづくりにおいて、安全・安心を皆様にお届け出来るように本年も誠意努力してまいります。引き続きのご愛顧をお願い申し上げます。

 弊社では、「ダイカストする」を合言葉に、ダイカストによる工法を駆使して様々な機能・意匠部材を提案してまいります。ヒートシンクなどの熱対策部材・構造部材・精密部材・耐摩耗性を発揮するアルミ基複合部材・デザイン商品など、ご要望をお待ちしています。

 TPP締結によるグローバル展開にはベトナム・タイの4拠点がお役に立てることと存じます。金型・ダイカスト・切削加工・メッキ・塗装・組立の対応が可能です。併せてご愛顧を宜しくお願いします。

 本年が皆様と共に「感謝」「感動」「感激」で満ちた年になるよう祈念し、年初のご挨拶を申し上げます。

社長より

2015/11/09

ものづくりパートナーフォーラム

 11月11日(水)~12日(木)まで品川インタシティーホールで行うものづくりパートナーフォーラムに出展致します。平日となってしまいますがお近くにいらっしゃる方にお会いが出来たら幸いです。ご相談、お見積り依頼、世間話、又は設計話をお持ちの方の役に立てますよう、2日間お待ちしております。何卒宜しくお願い致します。

2015/10/13

機械要素技術展

第18回 関西 機械要素技術展外観10月7日~9日まで大阪インテックスに開催されました第18回 関西 機械要素技術展ではたくさんの方々を弊社ブースにお越し下さり、誠にありがとうございました。

 次回は品川で行うものづくりパートナーフォーラムに11月11日~12日までに出展致します。今後とも宜しくお願い致します。

2015/10/05

インテックス大阪出展

インテックス大阪外観水曜日から金曜日までインテックス大阪で行う第18回 関西 機械要素技術展に出展致します。弊社のブースは8-32番となります。お近くにいらっしゃれば是非お顔を出してください。製造についての質問やご相談等は喜んでご対応を致します。

 大阪ですのでお腹を空かして行き、美味しい物を食べて来たいと思います!

2015/02/18

展示会に出展します

ダイカスト展示物 2月25日~27日に東京ビッグサイトにて開催されます『スマートエネルギーWeek2015』内、試作・加工展に出展します。弊社のダイカスト技術、製品をご紹介いたします。

 非常に小さなブースですが、常時2名~3名がご対応いたしますので、お気軽にお立ち寄りください。

 弊社ブースナンバーは『 W9-3 』です。

2015/01/30

月間広告賞獲得

日経ものづくり2014年11月号読者が選んだ広告

 インパクト度 月間広告賞 を頂きました!

 日経ものづくり2014年11月号 読者が選んだ広告。

 皆様にお選びを頂き誠にありがとうございます。

2015/01/05

2015年のご挨拶

 あけましておめでとうございます。

 日頃より皆様の御高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 弊社は、皆様のご要望に応えるべく、国内の本社でのダイカストを基盤とした技術開発に加え、国内・海外への関連技術及び製造拠点展開を進めてきましたが、弊社の出資する国内3社・海外(タイ・ベトナム)4社の計7社体制により、予期せぬ災害や変動へのリスク対応も加味した金型~鋳造~加工~表面処理のグローバル体制が整ってきました。これも一重に皆様のご指導の賜物と存じます。

 今後共、より一層皆様のご要望にお応え出来るよう努力をして参ります。ダイカストのものづくりのご要望をお待ちしております。

社長より

2012/4/1

タイ アキバ(THAI AKIBA CO.,LTD.)操業開始

 2011 年4月に設立した弊社タイ製造拠点(THAI AKIBA CO.,LTD)が3月31日にオープニングセレモニーを行い、操業開始しました。ベトナムの2拠点と併せ、日本-タイ-ベトナムの補完体制でお客様へのダイカストデザイン~グローバル一貫供給サービスを拡充致します。

この記事を読む

2010/6/29

ダイカスト生産技術者を募集しております。

 弊社は、日本におけるダイカスト生産技術を高める為、設備改善やダイカスト要素技術の向上を目的とした取り組みを加速いたします。

ダイカスト技能者・設備技術、鋳造技術、金属加工技術に長けた技術者を募集いたしますので、ご応募される方は"お問い合わせ"よりメール若しくは直接総務課へご連絡下さい。

2010/6/29

2010年7月よりグローバル供給を目的としたベトナム拠点が稼動開始致します。

 弊社はベトナム(ホーチミンシティー及びビンズン省)にダイカスト部品及びダイカスト金型製造拠点を計画しておりましたが、2010年7月より量産が開始される運びとなりました。

現在ALダイカスト用マシン4台(500ct1台、350ct1台、250ct2台、135ct1台)、Znダイカストマシン3台(160ht1台、60ht1台、20ht1台)、及びダイカスト金型製造設備1式を備え、お客様のグローバル調達ニーズにお応え出来る体制創りを進める為、更に充実した設備ラインを整備して参ります。ご用命をお待ちしております。

2007/11/20

軽量・高剛性・高熱伝導率・低熱膨張を併せ持つALSiC-MMC(SiC含有率45%)のダイカストや重力鋳造による部材製造を世界に先駆け実現しました。

 (株)秋葉ダイカスト工業所は新規事業としてALSiC―MMC(炭化珪素粒子強化アルミ複合材)のダイカスト化・大物鋳造化・シート成形化に着手しました。

 ALSiC-MMCは、材料としては4半世紀を越える歴史がある素材ですが、優れた特性を有するにも拘わらず、材料コスト面と加工自由度の乏しさから極めて特殊用途の中で使用されていました。

この度、3年に渉る素材メーカーとの共同研究を経て、SiCの含有量では従来に無い45%という高含有でのダイカスト化に世界に先駆け成功しました。

SiCの高含有により、素材として

(1) 高強度アルミ合金の2.4倍の弾性率(ヤング率)

(2) 高熱伝導アルミ合金と同等の熱伝導率

(3) 銅の2/3と小さな熱膨張係数

(4) 鋳鉄を超える耐磨耗(摺動磨耗)

(5) アルミ合金と同等の低い密度

等の特長が発現します。

 この優れた素材の持つ特長と、量産性に優れたダイカスト製法のコラボレーションにより、ロボットや半導体製造装置などの精密装置構造材・治具(低熱膨張、高剛性、軽量)、セラミックス基板とのダイレクトボンディングするヒートシンク類や金属基板(熱変形及び応力抑制、高熱伝導)、セキュリティー部品(高強度、耐磨耗)、制振部材(高減衰率)、ブレーキローター等の耐磨耗部材(高熱伝導、高剛性、耐摺動磨耗性)の用途において、市場への試作供給を進めています。

現在、世界を代表する大手電機メーカー、自動車メーカーよりお引合を受けております。

(サンプル写真)300mm□重力鋳造サンプル(SiC45%ALSiC) 2007年11月19日試作

(サンプル写真)300mm□重力鋳造サンプル(SiC45%ALSiC)リブ部拡大

(物性データPDF)ALSiC材料の特長

ページの先頭へ

コンテンツ
  • トップページ
  • ダイカスト, ダイキャスト
  • VE/VA提案
  • 真空鋳造法
  • 一貫生産
  • 海外拠点
  • 製品紹介
  • 品質管理体制
  • 環境方針
  • 会社案内
  • ニューズトピックス
  • 社員ブログ
  • お問い合わせ
秋葉ダイカストのフェスブックページへ
秋葉ダイカストのグーグルプラスページへ
秋葉ダイカストのツイッターページへ

〒370-0072 群馬県高崎市大八木町580

TEL : 027-361-4499 (代表)

FAX : 027-361-0272 (総務)/ FAX : 027-361-9904 (営業)

Copyright (C) 2016 Akiba Die Casting. Co.,Ltd All Rights Reserved.