社員ブログ

2018年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2016年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

記者に一覧へ

より前の記事へ

2016/10/21

PC版ドラクエⅩすごい!

早く帰ってドラクエしたいなぁ。

と思いながら…

いよいよ始まりますね、日本シリーズ。今年のカープは本当に強かった。生え抜き揃いってところがすごい。日ハムも大谷選手が注目されていますが、やるときはやる男、中田選手に期待。いい勝負になることを期待しています。

今は特定の球団を応援するということはしていませんが、大学時代頃までは熱狂的野球ファンでした。

時は大学時代。サークル仲間数名でジャイアンツを応援していました(ベタですが・・・)。優勝決定戦の日はチャットをしながら各自テレビ観戦していました。試合が進むにつれてチャットも盛り上がり、優勝が決まった瞬間の私の発言は「じゃあ行ってくる」。

・・・。

気づけば服を全部脱いで冷えた缶ビール2本を手に取り、ユニットバスに直行している自分がいました。とは言え大声で騒ぐのはさすがに恥ずかしかったので迷惑にならない程度の声で「優勝おめでとうございまーす」と叫びながら2本の缶ビールで思いっきりビールかけを楽しみました。

選手達よりも早く。

ひとりっきりですが得も言えぬ充実感があったのを覚えています。

そして・・・

目が痛かった。ビールって目に沁みるんですね。最近は多くの選手がゴーグルをかけていますが、その理由がわかった気がします。そんな機会はもうないと思いながらも、いつの日か缶ではなく瓶で、あわよくばシャンパンファイトをしてみたいと思う今日この頃です。

これまで3DSでやっていたドラクエ10をPCバージョンに変更しました。画像の良さはもとより、動きの滑らかさに驚愕。ますますハマってきております。

なおてぃんより

2016/10/10

鎌倉・横須賀 社員旅行

厳しい残暑が終わり秋雨の時期、今年は台風・長雨で10月に入ってもぐずついた天気が続いていました。例年なら行楽シーズン突入しているはずの10月1日、我が秋葉ダイカスト工業所では親和会社員側組織主催の社員旅行が開催されました。と、言うのも私が今年の幹事長でしたので、数カ月前より親和会メンバーと準備を進めてきたイベントですから、当日の天気はそれはそれは心配しました。

今年の旅行は【鎌倉自由散策】【横須賀軍港巡り】の二本柱で構成しました。普段海を見ることの少ない群馬県人は、鎌倉の海がチラッと見えるだけでテンション上がってしまいますね。気になる天気は前日情報『曇りのち雨降水確率60%』の中、朝方に若干の雨に見舞われましたが一日中曇りというギリギリ持った感じでした。散策するには丁度いい気温でしたね。

鎌倉の自由散策は各自事前に調べて下さっており幹事としては一安心。今回は昼食場所まで自力で帰って来なければならないプランでしたので、子供心全開の我が社員が皆帰って来れるか心配しながら、私は幹事鎌倉散策プランを遂行です。

何名かで高徳院・長谷寺・由比ガ浜等散策し昼食場所で全員と集合することができました。

鎌倉を背にして向かうは横須賀海軍施設(横須賀ベース)。ここでは海上自衛隊と米軍の艦隊を真近でみられる、横須賀軍港巡りを体験しました。なんとも軽快なマイクパフォーマンスで説明してくるガイドさん。解りやすく且つ楽しい説明で45分間のクルージングはアッという間に終了です。

参加して頂いた方とバス会社スタッフ方々の協力により、病気・怪我・事故無く楽しく過ごす事ができました事を感謝いたします。

至る10月15日、秋葉ダイカスト工業所は60歳を迎えます。ささやかな式典を社員で行う予定ですが、まずは旅行が無事に終わり式典へいい流れで繋げられたらいいなと思います。

両輪で鼓動より

2016/09/29

時間と引き寄せ

時間は幻だ。過去の次は現在、現在の次は未来だと貴方は信じているのかもしれません。しかし物理学の世界では過去も現在も未来も、実は同時に動いているのだと確かめられています。

でも時間は実感するじゃないですか。しかし実際に実感しているのは、一秒に何回もの数えきれない数の現実を瞬間毎に替えているという事。一つの瞬間は一つの現実を実感したという事。我々の脳はそれぞれの実感を一直線に並ぶように進化した為、時間と言う幻を感じる生き物になったのです。

実感するそれぞれの現実はどれも他の現実とは何かが違う。現実とは我々の素粒子の振動がどの現実と一番統一し易いかで、実感する現実が自然に決められます。この振動はほとんど心と意識の持ち方で変わります。車が盗まれる現実なのか、宝くじが当たる現実なのかは性格で変わります。(引き寄せの法則)

「現実の受けとめと良性な行動で幸せは高まる」と過去の先生達は教えてくれました。今の状況や周りの人間と関係なく、抵抗しないほど良性な行動が自然に発生しやすくなります。抵抗するほど、全てが悪くなっていく。これは「引き寄せの法則」と呼ばれて、与えられるのは自分が発信する事だと言います。(これ、宗教じゃなくて物理学の法則なのですよ!)

見えない何かに導かれて、偶然に経験した結果、今の渡しは有ると思いがちですが、自分の想いで自分へ引き寄せた経験がほとんどです。地球は戦争で滅びかけた現実は存在します。地球をパラダイスに作り上げた現実もあります。貴方がどの「今」へ近づくかは、現状ではなく自分の性格で方向を示すのです。

ポストマンより

2016/09/22

もったいない

澄み切った青空と、まばゆいばかりの緑の芝。その芝の上を走るカート。海外のリゾートで見られるゴルフ場の光景。20年数年前の私の憧れでした。

当時のゴルフは、キャディバッグ用のカートがあって、キャディさんが操作をして、プレイヤーは歩いていました。

バブルがはじけてゴルフも変化が起こり、今やセルフプレーがほとんど。おかげでプレーフィーは下がり、私のような庶民でも気軽にゴルフを楽しめるようになりました。特にここ群馬では、お手頃価格でプレーできるゴルフ場が多い。セルフプレーが始まった頃は、自分で動かす手引き(手押し)のカートでしたが、今では、乗用カート。

そう、憧れのカートです。なかなかフェアウェイを走らせてくれるところは少ないですが、時期によっては、 乗り入れ可能なところもあります。

今ではその憧れのカートを満喫!かと思いきや、カートに乗っている時間は、あまりありません。

ティーグラウンドから、グリーンまで、出来るだけ歩く。走る。これが今の私のゴルフスタイル。普段の仕事はほとんどデスクワークなので、なかなか歩くことが出来ません。ゴルフの時は、またとないチャンス。1ラウンド15,000歩くらい歩けます。カートに乗っていたら、10,000歩くらい。

せっかく歩けるチャンスがあるのに、歩かないのはもったいない。

3+より

2016/09/16

高崎の新名所

ここ高崎では平成26年7月末より建設していた新体育館「高崎アリーナ」がいよいよ完成直近です。場所は高崎駅に近接した好立地にあり、国際級の規模を誇る新しいスポーツ施設となります。

住所 : 高崎市下和田町四丁目2番1   地上3階、地下1階建て

こけら落としとして4年毎に行われている「第12回 国際合気道大会」を平成28年9月26日から10月3日までの8日間実施するそうで、世界各国からおよそ6千人の参加者が見込まれるというビッグイベントとなっています。

知らない方もいるかもしれませんが、合気道とは柔道・剣道・空手道に並ぶ、日本の代表的な武道の一つで、肉体的な向上と精神面の強化を目的とした武道です。また、合気道には試合がありません。勝敗にこだわる、相手を倒す、という思想がないため、老若男女問わず出来る健康法として多くの方が注目しています。また、最近は護身術として習う方も多くいるそうです。

普段なかなか目にしないイベントですので、気になる方はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか!

ちなみに、国際合気道大会中、高崎アリーナの駐車場は利用できないそうなので注意して下さい。

アクアより

2016/09/13

群馬名物ひもかわうどん

ふる川のひもかわうどん

食べ物って素晴らしいですよね。

美味しいものを食べると幸せな気持ちになる私です。

思いつくだけでも美味しい物がいっぱいある群馬県。今回は群馬県桐生市名物【ひもかわうどん】をご説明させていただきます。

群馬県は小麦の生産地であり、各地で独特の麺文化が発達してきた県です。桐生市では"ひもかわうどん"が郷土料理として食べられてきました。ひもかわうどんの最大の特徴はとても面幅が広いことです。お店によって違いますが、約2cm~10cmと通常のうどんと比べて幅が広いです。

多くの"ひもかわうどん"店がありますが、その中でも有名店『ふる川』をご紹介させていただきます。約10cmの極広うどん(つけ汁タイプ)を提供する人気店となっております。幅は広いですが、厚みは薄く、のど越しツルツルと共に、強い腰のもちもち食感が楽しめます。まさに絶品でございます。

ただ10cmの幅となっておりますので、食べるのが難しく、どうやって食べようと少々戸惑われるかと思われます。その悩みも楽しくなって来るほど、絶品なのです。

弊社にお立ち寄りの際はぜひ群馬の美味しい物を食べてくださいね。

お手々はくり~むぱんより

2016/09/05

言い訳

皆さんスマートフォン向けのアプリ「ポケモンGO」をやっていますでしょうか?スマホのカメラ機能とAR機能を利用して、画面の風景に実際に現れたように映るポケモンを捕獲できるようです。特に理由もありませんが、自分はやったことがありません。じゃあ、なぜこんな話から始まったかというと、つい最近、子供と昆虫にふれ合う機会があったからです。

場所は、県内の「ぐんま昆虫の森」というところです。「里山」を復元した45ヘクタールに及ぶ敷地があり、虫取り網を片手に昆虫を捕まえて観察することができます。(観察した昆虫は元の場所に逃がしてあげなくてはいけません)

最初は子供のためになんて軽い気持ちで行きましたが、思った以上に広い敷地とアップダウンが多い山の中、歩き始めて早々に、これはヤバそうだと軽い気持ちは蝶のように飛んで行ってしまいました。(とにかく、身体を使うのです。)さらに、こういった施設のお決まり(完全に主観です)のスタンプラリー(様々な場所にあるスタンプを押して台紙の枠を埋めていくやつ)がさらにヤバさを確実なものとしていきました。

広大な敷地をフルにつかってのスタンプラリーだったのです。そりゃ、始める前に受付の人がちょっと大変ですよと言ったり、台氏には「一日で回りきれなかった場合、後日に続きを行うことが可能です」なんて書いてあるわけですよ…(紙↓)

なんだかんだで、何とか一日で回りきったのですが、日頃の運動不足を痛感させられました。ただ、辛いだけではなく、大自然の風景に心が洗われたり、童心に帰って、子供と一緒に本気でトンボを取っちゃったりしました。

ポケモンGOも家にこもるだけでなく、外にでてゲームを楽しめるそうですね。

というわけで、どんなきっかけでも、外に出てみると色々体験できて良いという事です。あっ!そんなこんなで、今回は本を読み切れなかったって言い訳でした^^;

上信電鉄沿線の住人より

2014年の記事:

10月-12月

ページの先頭へ

コンテンツ
  • トップページ
  • ダイカスト, ダイキャスト
  • VE/VA提案
  • 真空鋳造法
  • 一貫生産
  • 海外拠点
  • 製品紹介
  • 品質管理体制
  • 環境方針
  • 会社案内
  • ニューズトピックス
  • 社員ブログ
  • お問い合わせ
秋葉ダイカストのフェスブックページへ
秋葉ダイカストのグーグルプラスページへ
秋葉ダイカストのツイッターページへ

〒370-0072 群馬県高崎市大八木町580

TEL : 027-361-4499 (代表)

FAX : 027-361-0272 (総務)/ FAX : 027-361-9904 (営業)

Copyright (C) 2018 Akiba Die Casting. Co.,Ltd All Rights Reserved.