社員ブログ

2024年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

記者に一覧へ

より前の記事へ

2024/06/05

ミニカーとダイカスト コレクションのきっかけを探す旅 3

前回まで2回に渡り映画の中の劇中車をいくつかご紹介しました。このままご紹介すると全30話以上になってしまいますので(笑)、今回で映画は一区切り、最後にSF映画の大作2作品から紹介しましょう。今回は直球勝負の場合と変化球の2種類です。

●Back To The Future 1985年~1990年

監督 ロバート・ゼメキス 主演 マイケル J フォックス

言わずと知れたタイムトラベルものの金字塔、タイムトラベルを物語にした映画は売れないというジンクスを見事に覆し、未だにこの作品を超えるタイムトラベルものは無いと言わしめる名作です。ストーリーの説明もする必要も無いでしょう

そして、その映画の場面毎に印象的に使われる・・・もはや主人公と肩を並べるくらいのオーラを放つ劇中車が、そうデロリアンです。この車は実車が存在します。実車は1981年~82年のわずかに存在した、アメリカのデロリアン・モーター・カンパニー(DMC)のスポーツカーです。映画と同様、ボディはステンレス製(エメット・ブラウン博士がタイムスリップに必要だったと言っておりました)。また、特徴的なガルウィング・ドアもそのままです。このDMC、1982年に社長がコカイン所持で逮捕され、倒産してしまう事態となり短い生涯を終えます。この映画で注目されなければ、本当に日の目を見なかったレア車となります。

※DMC DMC-12 1981年

V6エンジン 2850cc 130馬力(これは実車のカタログスペックなので、映画のスペックは・・・無限大ですかね)

デロリアンはステンレスのボディなので、どのデロリアンも同じ流し台の色をしています(笑)。たまに色を塗った個体も見られますが、やはりこのステンレス色が良いですね。映画の初期設定では、タイムマシンは何と冷蔵庫になる予定でしたが、デロリアンに見直しになった経緯があるようです。更には主演も当初はマイケルではありませんでした。初期設定のままでも、この映画はヒットしていたのでしょうか?

1/64サイズと1/24サイズ、サイズもさまざま、仕様もさまざまです。

ドクとマーティらしきフィギアと一緒に映画のシーンを再現、デロリアンはPART1~3を並べてみました。

奥にはホバータイプを少し浮かせて。

この映画のミニカーは比較的入手がしやすく、数百円程度から手軽に買えますので、コレクションのきっかけとしては最適です。また、PART1~3のどのタイプも入手可能なので、シンプルなPART1仕様も、タイムスリップの為の助走距離が必要なくなったPART2仕様も、はたまた西部開拓時代のPART3仕様でもなんでも揃います。よって沼にはまりやすいコレクションとなりますのでご注意を。

●エイリアン2 1986年 アメリカ

監督 ジェームス・キャメロン 主演 シガニー・ウィーバー

このシリーズも知らない人がいないほど人気作品ですね。SFホラーという分野を開拓した先駆者的な映画です。これはその初回作品 エイリアン の続編として製作された後日談になります。最初の作品で唯一生き残った主人公リプリーが冷凍睡眠中の57年後に救助され、自分が脱出してきた惑星『LV426』が移住植民地になっている事を知り、住民の救助のために惑星に戻りエイリアンと死闘を繰り広げる・・・という内容です。

さて、はて?宇宙を題材にした映画に劇中車?とお思いでしょう。しかし、印象的に使われているのです。植民惑星LV426に海兵隊員と到着し、移動の為に乗り込む車両です。僕はこの車両が好きで、登場シーンを何度も見てしまいます。架空のお話なので、車両も架空車ですが、非常に印象的に活躍しています。

※M577-APC 装甲兵員輸送車

スペックは不明です。(笑) ヘリみたいなデザインの大気圏突入する飛行機のお腹にぶら下がっていたので、相当軽量かつ堅牢な造りであることが想像できます。走行シーンは実車を製作して、実際に走らせて撮影しています。中身はジャンボジェット機などの航空機をけん引する、トーイングトラクターを改造したものです。当時はこんな車両もCGではなく実車で撮影していたのですね。 良く見るとトーイングトラクターの面影が各所に残っています。

あぁ、そう言えば出ていた!!と思っていただけましたか?右はダイカスト製、左と奥は樹脂製です。

ルーフ上の砲塔は背中に移動させる事が出来ます。劇中でも通路に入る際に収納しています。

さて、3回に渡って映画の中に出てくる劇中車をミニカーでご紹介しました。皆さんに刺さる思い出の映画は有りましたか?次回からはテレビドラマやアニメに登場する劇中車をご紹介します。ではまた。

ロータスのおぉ神様より

2024/06/05

ミニカーとダイカスト コレクションのきっかけを探す旅 2

前回は映画Bullittの劇中車を紹介しました。やはり劇中車というのは、その映画の重要な役割を担っているのだなぁと思いますね。そしていつまでも私たちの記憶に残るのです。

今回も映画の劇中車をいくつかご紹介します。

●マッドマックス 1979年 オーストラリア

監督 ジョージ.ミラー 主演 メル・ギブソン

舞台は近未来のオーストラリア。世の中は荒廃し、暴走族が犯罪集団と化し、それらを鎮圧する警察官の主人公マックスが、平穏な暮らしから一転、妻と子供を殺傷されて復讐を誓う姿を描く映画です。本作品はその後続編が何作も作られ、今回シリーズ最新作である『マッドマックス フェリオサ』が公開されます。シリーズを追う毎にどんどん世紀末感が増してしまい、まるで北斗の拳みたいになってしまいますが(北斗の拳の方が後かな?)、僕的にはやはり最初のマッドマックスが印象的ですね。

復讐の怒りにかられた主人公マックスが、警察署のガレージから乗り逃げ?する、追跡専用パトカー『インターセプター』が、マックスの相棒としてオーストラリアの台地を走り抜けます。このインターセプターは第2作品目のマッドマックス2にも登場します。

※MFPインターセプター ベース車両 フォード・ファルコンXB 1973年式

V8エンジン 5800cc 600馬力

馬力は劇中のスペックです。近未来の架空のパトカー。舞台がオーストラリアですから、車両はオーストラリア・フォードがベースです。オーストリアは左側通行ですので、日本と同じ右ハンドルになっています。ボンネットから突き出したスーパーチャージャーが、そのパワーを物語ります。

トミカサイズですが、細部まで良く再現されていると思います。

奥は1/24サイズのミニカー、手前は1/64。どちらも迫力満点です。そうほうダイカスト製です。

黒いインターセプターは映画の後半で主人公の相棒となって疾走します。

このミニカーの場合にはパッケージが無くても、大丈夫ですね。

●ジョンウィック 2014年 アメリカ

監督 チャド・スタエルスキ 主演 キアヌ・リーヴス

どうにも好きなのです。キアヌが・・・(笑) マトリックスやって、黒スーツに細身の黒タイ、短髪でサングラスのイメージを脱却できず、その後のどの映画でも同じ格好だったキアヌのイメージを払拭したアクション映画ですね。最愛の女性を失った元伝説的な殺し屋が、心の支えであった妻の残した愛犬と愛車を奪われ、復讐のために裏社会に戻るという内容で、ガンアクションが独特なので有名になりました。続編もどんどん作られています。日本大好きなキアヌのおちゃめな人柄もあってか、日本人のファンが多い映画の一つですね。その主人公、ジョンウィックの愛車が(というか、裏社会に戻るきっかけとなる奪われる愛車)フォード・マスタングです。

※フォード・マスタング BOSS429 1969年式

429は排気量キュービックインチの数。日本で使っている排気量単位のccに換算すると、え~と2.54cmの3乗×429なので・・・7030ccという排気量になります。そして出力は375馬力だそう。初回で紹介したBullittのマスタングの次の年に出た最強仕様です。

それらしき??フィギアと共に映画の雰囲気を演出。

パッケージを見ると、あぁ映画のミニカーなのだな・・・って解ります。

このミニカーもジョニーライトニング製 サイズは1/64です。

ジョニーライトニング製の劇中車ミニカーは探すと沢山あり、パッケージも当時の映画ポスターなどに寄せているものもありますので、映画を見たら一台、また一台とコレクションする事も良いかと思います。

ミニカーから映画のシーンを思い出す。なかなか通な楽しみではないでしょうか。飾る時にはパンフレットなども添えると一層雰囲気が出るかも知れませんね。

ロータスのおぉ神様より

2024/05/31

図面の変遷

先日、50年以上お付き合いのあったお客様との取引が終了しました。

もちろん喧嘩別れではなく、お客様の経営判断により、ダイカスト製品事業からの撤退によるものです。

生産終了アイテムも資料としてファイルを残していましたが、この機会に全て処分を行いました。

お客様から頂いた図面は返却、不要となった資料等は、シュレッター処理。

古いアイテムの図面は手書きの図面があり、懐かしくも今となっては出来ないな〜と感じます。

そしてその多くが青焼きコピーの図面。

最近の方は青焼きコピーというのを知らないでしょうね。

光の明暗が青色の濃淡として写るコピー機のことで、

青焼き用の感光紙の上に原紙(光を通しやすいトレーシングペーパーなど)を置いてコピー機に入れると、文字や線が青くなります。

何も書かれていない部分もうっすらと青くなります。

現代のデジタル的な図面は、線や文字がはっきりしていてとても見やすいですが、青焼きの図面は趣を感じますね。

私が入社した時、図面はすべて、ドラフターでトレーシングペーパーやフィルムに書いて、青焼きコピーというのが普通でした。

ちなみに、フィルムにシャープペンで”ノリ”が良くて気持ち良いんですよ。

もちろん、コピー機はありましたが、サイズはA3まで。

A2以上のコピーは、青焼きコピーということになります。

社内にはA1サイズの青焼きコピー機があり、ずいぶんコピーしたことが思い出されます。

A0サイズの図面もまれにあり、その場合は、社外のコピーセンターにお願いして青焼きコピーをして貰っていました。

その後、A0サイズのコピー機導入により、青焼きコピーは使用されなくなり、市中のコピーセンターもなくなってしまいました。

図面も手書きからCADになり、3DCAD化により、金型製作の現場では、図面よりもデータが重要になりつつあります。

図面も今ではペーパーレス化が当たり前の時代。(弊社ではまだ少し先の話ですが)

PDFやtiff図面をメールでやり取りが主流になってきましたよね。

図面を処理しながら、金型図の一部は、そのお客様が作成した図面、また、支給していただいた金型で生産していたこともあったようです。

間違いなく、AKIBAの技術を高めてくれたお客様であることに間違いありません。

ずいぶん前に生産終了しているアイテムも多いですが、その技術は、AKIBAのDNAとして引き継がれていると信じています。

写真は弊社管理棟の建設時の青焼きの図面。

No.258より

2024/05/22

ミニカーとダイカスト コレクションのきっかけを探す旅 その1

僕はかれこれ50年くらいミニカーをコレクションしていますが、自分では気づかないうちにそれなりの知識と経験が蓄積されて(笑)、いつの間にかコレクションの相談やマニアの方々からの質問を受けるようになりました。

そんな中で良く皆さまから受けるご相談の一つ、『何から集めれば良いですか?』というストレートかつ非常に回答に困ってしまう質問について、僕なりのご提案をしようかな…と思います。 まぁ素直に言ってしまうと『貴方のお好きなように』で終わってしまうのですが(笑)。そうするとお話が終わってしまいますので、今回から何回かの特集で(オイオイ!!)お届けしたいと思います。

さて、僕のお薦めはズバリ、劇中車です。そうです、映画やドラマ、特撮やアニメに登場し印象的な場面に花を添える車たちです。これなら僕のように人生駄目にするほど購入せず、(数量も金額も) しかも眺めるとあの映画やドラマのワンシーンや、当時誰と観に行ってその後に何があったのか・・・とか、ほろ苦い思い出も蘇るのですから、一石二鳥と言う訳です。(誰がほろ苦いだけと決めたのか)

でも、安易に飛び付いてはいけません。例えば映画であれはワイルド・スピード、アニメであればイニシャルDなんぞに手を出すと、それはいきなり数十台のコレクションに膨れあがってしまいますので、よぉく吟味して始めなければなりません(笑)。

まず、1回目のお題は映画に使われた劇中車のミニカーからご紹介です。条件として作品に出ていた同型車ではなく、作品に出ていた車そのものズバリのミニカーをご紹介していきますね

●Bullitt(ブリット) 1968年 アメリカ

監督 ピーター・イェーツ 主演 スティーブ・マックウィーン

名優 スティーブ・マックウィーンの代表作の一つ、アウトローな刑事の物語です。

この映画に印象的に登場する劇中車はダッチ・チャレンジャーとフォード・マスタングです。劇中で圧巻なのはサンフランシスコ市内で撮影された、殺し屋の操るダッチ・チャレンジャーとマックウィーンの操るフォード・マスタングによる壮絶なカーチェイスシーンです。役者は無言、BGMも無い、ただただ車のエンジン音とスキール音だけで約10分間走り続けます。某動画サイトなどでも、そのシーンのみ沢山UPされているので、皆さんも一度ご覧になって下さい。そんなシーンを盛り上げた2台をご紹介。

※ダッチ・チャレンジャー 1968年式

特徴的なのはそのヘッドライトでしょう。普段は真っ黒なフロントグリルから、グリルの両端が90度回転してライトが現れます。当時のスペックはV8エンジン 7200cc・375馬力 いや~当時の古き良きアメリカって感じですね。

※フォード・マスタング 1968年式

この劇中車はマックウィーンのこだわりなのか、色々標準とは違っていて内容は定かではありません。グリルに馬のエンブレムも無い、ちょっと不思議な車両です。(当時の映画はスポンサー制約とか気にしていないので、自由で良いと感じます。)カタログスペックはV8エンジン 6400cc・324馬力 劇中の音を聞くとシフトUP時に2回アクセルを踏んでいるので、マックウィーンはダブルクラッチ使いながら走らせているのですね。かっこいい!

左の黒がダッジ・チャレンジャー、右のグリーンがマスタング

映画さながらのチェイスシーンも再現できます。

どちらのミニカーもジョニーライトニング製、サイズは1/64です。(トミカと同サイズと思って下さい。)パッケージも当時の映画ポスターのデザインが使用されています。ナンバープレートや先に述べたマスタングの塗り潰したフロントグリルなどが再現されています。劇中車のミニカーの問題点は、このようにケースから出してしまうと、劇中の特徴が解らないと普通のミニカーになってしまう所でしょうか。(笑) でも、何より自己満足に浸れればそれで良いのです。

パッケージも雰囲気抜群です。

次回も映画の劇中車をいつかご紹介したいと思います。では、また!!

ロータスのおぉ神様より

2024/05/16

昨今の問題!?

無趣味・無関心・無頓着の3無のSUNです。

ツマラナイ人間です。

連投申し訳ありません。

GW終わってしまいましたね。

皆様は楽しく過ごせたでしょうか。

さて

世の中はコンタミ問題が多数発生しております。

(〇〇製薬のなんとか麹とか、△△製ぱんのなんとかぱんとか…)

※コンタミとはコンタミネーションのことで意図しない成分が混入してしまうことです。

当然弊社も材料には大変気を使い管理をしております。

幸い弊社が扱うのは金属部品なので皆様のお口に直接入るものではありませんが…。

コンタミは意外と近くに潜んでいて、SUN家ではたまーにご飯にペットの被毛がコンタミされています(笑)

それでもSUN家の人々は寛容なので自分たちで除去して笑って許してくれますが、今の世の中はそうそう寛容ではないですよね…。

そんな訳でコンタミの原因がこちらです。

なんとこちらの猫さんは

今からさかのぼること1年前に弊社のパレット置き場にコンタミされて弱っていたところを救助された猫さんです。

当時はまだ生まれて2~3週間の子猫にも関わらず近くに母猫もいない状態でした。

そこで社内での検討の結果、SUN家に迎え入れることになりました。

一年前がこちら。

大きくなったものです。

SUNより

2023年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2022年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2021年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2020年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2019年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2018年の記事:

1月-2月
3月-4月
5月-6月
7月-8月
9月-10月
11月-12月

2014年の記事:

10月-12月

ページの先頭へ

コンテンツ
  • トップページ
  • お問い合わせ
  • ダイカスト, ダイキャスト
  • VE/VA提案
  • 真空鋳造法
  • 一貫生産
  • 海外拠点
  • 製品紹介
  • 品質管理体制
  • 環境方針
  • 会社案内
  • ニューズトピックス
  • 社員ブログ
秋葉ダイカストのフェスブックページへ

〒370-0072 群馬県高崎市大八木町580

TEL : 027-361-4499 (代表)

FAX : 027-361-0272 (総務)/ FAX : 027-361-9904 (営業)

Copyright (C) 2018 Akiba Die Casting. Co.,Ltd All Rights Reserved.

アクセスカウンター